ととろん堂さんのページ | eatwant・テイクアウト あなたの近所で、テイクアウトをやってるお店が見つかります。

ととろん堂さんのユーザページ
ととろん堂さんのプロフィール
ととろん堂
コピーしました!
URLコピー

10レビュー投稿達成
初回WANT獲得
  • レビュー投稿数 67
  • マイページ訪問者数 1640
  • 累計eat獲得数 0pt
  • 累計want獲得数 1pt
  • eatwantポイント 1pt
ポイントについて
ポイントは集計処理を行うため、最新情報が表示されるまでに時間がかかります。

閉じる

ととろん堂 さんおすすめの料理

ととろん堂さんの最近のレビュー

ととろん堂
投稿日 2021年08月31日

とっても昭和レトロなテイクアウト餃子専門店の生餃子を買いに、電車とバスに乗って出かけてきました。

東京スカイツリーはご存知ですか?
あ、展望台のぼったことありますか。

では、スカイツリーから約1kmちょっと離れたところにある、
「下町人情キラキラ橘商店街」はご存知ですか?

よほどの下町通でないとご存知ないでしょうねぇ。
かくいう私も、20年以上も東京の下町に暮らしていましたが、知りませんでした。ネーミングからしてとてもレトロな感じがするこの商店街、以前に比べればだいぶお店の数も減ってきたということのようですが、今でも見ているだけで楽しい、昭和感満載のお惣菜屋さんなどがたくさんあって、1周すれば2-3時間は遊べます。

この商店街の中ほどに、これまた「とっても昭和な焼餃子」だけを売っているテイクアウト専門の餃子屋さんがあると聞いて、出かけました。電車とバスを乗り継いて、片道1時間かけて。

東京都墨田区京島3丁目の『さかい食品』。
今はやりの、いろいろ混ぜ合わせた「※※餃子」のたぐいは一切なく、とっても昭和的なニラ・ニンニク感満載の焼餃子一本で直球勝負するお店です。

夕暮れ時は、近所の人はひっきりなしにここの焼餃子を求めにやってくるので、いつも大きな鉄鍋で餃子を焼いていて、その皮のほんのり焦げる匂いが商店街の通りにも漂います。

その場で焼いてもらったものを、商店街で買い物しながら歩き食いする方も多いみたいですが、私は焼く前の生餃子をパック詰で買って帰りました。
8個330円から、という非常にシンプルな価格なので、家族分2パック買ってお持ち帰り。生餃子をパック詰めする際に、「くっつき防止」で小麦粉を全体にまぶしてくれますので、家で焼くときには差し湯にこの小麦粉を混ぜるのがコツ。焼き上がりがとってもおいしい羽付餃子になります。

うん、完璧な焼き上がり♪ そして、まさに昭和の焼餃子の味!!!
ニラの香りプンプン。ニンニク満載。精がついて、明日も頑張って働けそうです。

東京都墨田区京島の『さかい食品』の生餃子、焼餃子。"わざわざ"電車賃を使って探検しに(?)行く価値のある一品です。スカイツリーでランチをするついでにでも、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年08月30日

北千住・日光街道沿いのとっても昭和な激安街中華のお店で、生餃子をお持ち帰り

外食でラーメンを食べますか?
その時には、普通、いくら支払いますか?

多分、1000円札1枚握りしめてレジに向かい、コインのお釣りを受け取るのかな? それともピッタリくらいのお値段なのかな? っていうお店が多いんじゃないでしょうか?

では、このお店、北千住・日光街道沿いの街中華『りんりん』のラーメンのお値段はいくらでしょう? 【390円】です!!! ちなみに、チャーシューメンにしても【490円】、ワンコインです。焼きそば【340円】、カレーライス【390円】、餃子は6個で【260円】という、とってもお財布に優しい昭和値段です。でも、「安かろう、まずかろう」では、昭和の時代からずっと続きはしないですよね。固定ファンに支えられて、カウンター8席はいつも満席です。

でも、でも、私はここでイートインしたことがないんです。だって、お酒がないんだもん。
コロナとかそういった世情とは一切関係なく、お店のポリシーとして、酒類提供無し、のお店です。
私にとっては、「瓶ビールの無い街中華屋さんなんて、メインディッシュのないフルコースのようなもの」ということで、このお店のメニューはいつも「持ち帰り」と決めています。

焼き餃子もテイクアウト可能ですが、やっぱり家で焼きたてを頬張りながらビールを飲みたいので、生のままで。2人前12個でもワンコイン+10円玉2枚の【520円】という衝撃的なお値段で、今宵の超豪華ディナーへ並べるメインディッシュが決まりました。

一刻も早く食べたいので、帰ったらすぐに焼きます!!
持ち帰る時に、ちょっと自転車のカゴの中で崩れてしまった子が居るのはご愛嬌。はじめチョロチョロ、仕上げを強火で、皮がパリッパリ、肉汁たっぷりに仕上がりましたよ。この香りを文字でお届けできないのが残念!

というわけで、私にとっては"持ち帰り専門店"(=>普通はイートインできます)北千住の『りんりん』、近くにこられたら、ぜひご家族へのお土産を買って帰るのをお勧めしますよ。

駅近のせんべろ飲み屋街で多少呑んだくれても、家族への罪悪感を帳消しにしてくれる効果がきっと得られます!
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年08月24日

魚屋さんの牛肉弁当(!?)に舌鼓。看板なし、店長さんの売り声賑やかな下町のマルシェ。

北千住西口、狭い住宅街の路地を自転車で散歩していたら、謎のお店を発見。外観は、どうみても普通の一軒家。看板やのれんも一切なく、住宅の玄関口のような狭い戸口が開かれているだけなのですが、何やらすごい人だかりで、建物の中からは、威勢の良い職人さんの売り声が聞こえてきます。店内撮影禁止のため、このお店の中の熱気を画像でお伝えすることができないのは残念ですが、何のお店だかさっぱりわからないながら、この活気は、きっとかなり美味しいお店であるに違いない。

スマホで調べてみると『魚屋ツキアタリミギ』という屋号の、魚介料理を中心にした居酒屋さんのようでした。ん? 魚屋さん? 肉も売ってるよ? 野菜も売ってるよ? 出来たてのお惣菜も売ってるよ? ??? 聞けば、元は普通の居酒屋さんとして営業していたらしいのですが、コロナ禍でお弁当やお惣菜類のテイクアウトにも力を入れはじめ、今は肉や野菜なども揃えて、小さいながらも生鮮食品フル・ラインナップのマルシェとして営業継続中とのこと。なるほど。プロの居酒屋さんが作る牛肉弁当なら、きっと旨いに違いない。迷いなく、手にとってレジに突進しました。

栃木県産の柔らかな高級和牛をふんだんに使った焼き肉弁当で880円は、めちゃくちゃコスパ良し。タレがよくしみ込んだご飯もボリューム満点で、付け合わせのお野菜やお豆腐の惣菜も新鮮なものばかりでした。

このお弁当は、また自転車をかっ飛ばして買いに来たいですね〜。コロナ禍で普通の居酒屋さんがこんな素敵なマルシェに生まれ変わるなら、ずっとコロナ禍でいてくれ〜、などという不謹慎なことは申し上げませんが、ぜひアフターコロナも「新しい外食様式」の一環として、この業態を残して欲しいですね。

『魚屋ツキアタリミギ』、肉も野菜も、惣菜も買えるちょっと不思議な魚屋さんとしてご紹介します。一見の価値有りですヨ♪
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年08月20日

北島康介氏ご実家お惣菜屋さんに教えてもらった、メンチカツサンドの美味しい食べ方

コロナ禍とは関係なく、外食よりはおウチご飯の方が好きなのですが、やはり自炊より買って帰った方が良いメニューもいくつかあります。たとえば、コロッケやメンチカツ。冷凍食品を家で「揚げるだけ」という手もありますが、あの餡(具)を一から家で作るとなるとね〜。面倒くさいだけでなく、プロのように「食べ応えあり」な仕上がりにはなりません。いつもグズグズに柔らかくなってしまうんですよね〜。

というわけで、本日はJR西日暮里駅から歩いて10分くらいのところにある、『北島商店(肉のきたじま)』のメンチカツ・サンドをお持ち帰り。北島姓は、あのアテネ/北京オリンピック水泳金メダリストの北島康介さんご一族のお店、ということらしい。(おじさんが店の社長で、康介さんのお父さんも働いているのだそうだ。) 北京オリンピックで優勝したときに、インタビューで「実家のメンチカツが食べたい」と言ったら、翌日以降、このお店の前にメンチカツ・サンドを求める行列が2時間待ちになったそうです。

さすがに、東京オリンピック前に2時間待ちとなることはなく、すぐに買って帰ることができましたが、このお店のブログに、温め直しの秘技が紹介されていました。曰く「できたら、サンドを分解して1切を2つに(パン1枚とパン+メンチ)して、トースターまたは2-3分焼き直すと、パンはフカフカ、メンチはサクサクになります」とのこと。半分残して、明日の朝、温め直して食べよう!!! と楽しみに床に着いたら、翌朝ビックリ!!! とんだ泥棒猫参上。夜中にお腹を空かせた長男が、こっそり食べてしまいました。

『北島商店(肉のきたじま)』のメンチカツ・サンド、今回は温め直しのフカフカのものをいただくことができませんでしたが、次は家族のいない時に、もう一度買ってきて是非やってみるぞー!!!! と固く誓いました!?
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年08月05日

本当に新鮮なまぐろ寿司は、お醤油(むらさき)をつけないで、そのまま頬張ってもとろけるように美味しいのです。

上にアップした料理写真、納得いかんよな〜。小一時間かけてテイクアウトしてきて、家のダイニングで撮影したからな〜。まぐろの色がすこし変わった〜。

このお店、大将のお考えで「店内でスマホ使用禁止」だから、お店で出来立てを撮ることができなかったんです。

『まぐろ白川』、2019年までは六本木一丁目駅の近くで営業していた人気店だったらしいのですが、今はちょっと郊外(えらい郊外)に引っ越して、大将と、おかみさんとおふたりできりもりしている感じ。毎朝市場から直接仕入れてくる新鮮なまぐろのお寿司と丼の専門店です。

どれくらい新鮮かって? 本当に新鮮なまぐろ赤身を、目の前で包丁入れて刺身にしてもらえるので、まったく魚の臭みを感じず、お醤油(むらさき)をつける必要がないんです。小ぶりな寿司飯にたっぷり乗った新鮮まぐろを、お醤油なしで口に含むと「ああ、新鮮なまぐろって、こんなに甘かったんだぁ」と気づくはずです。

これは、都心から電車賃かけても一度食べに行く価値のある隠れた名店ですよ。『まぐろ白川』。今回は赤身だったから、この次はトロにも挑戦してみよ!!!
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年06月24日

東京随一の中国湖南料理専門店で、超激辛香辛料と自家製生ビーフンをお持ち帰り。おウチで本格激辛中華料理が作れます。

中国八大料理って、どこの地方の料理かご存知ですか?
北京? 上海? いえいえ、四川、広東以外は、よほど中国と縁の深い人でないと、思い浮かばない地名ばかりです。(四川料理・湖南料理・広東料理・福建料理・江蘇料理・浙江料理・安徽料理・山東料理)

今回、その中でもはじめて、錦糸町にある湖南料理のお店に行ってみました。
激辛で有名な四川をさらに超える辛さだという、日本の湖南料理界(という非常にニッチな世界)で、1位、2位を争う超有名店『李湘潭湘菜館』(りしょうたん しょうさいかん)。
バイクで立ち寄って、飲めないので、テイクアウトをして家でまったり過ごすことにしました。

いろいろ美味しそうな郷土料理があって目移りしそうな中でも、特に気になったのが、自家製生米粉(ミーフェン) ※ビーフンのこと、と剁辣椒(ドゥオラージャオ)。

これがあれば、お家で中国湖南料理が作れんじゃん!
「すいませ〜ん、コレください。」ヘルメットをしたまま入店して、Uberお兄ちゃんに
間違えられながら、どうにかこうにか、中国語長沙弁を店内公用語としているこのお店で、希望の2品を持ち帰り注文成功!

家に帰って、さっそくチビチビ呑みながら作りましたよ。

剁辣椒(ドゥオラージャオ):赤唐辛子を発酵させた調味料。
かなり取扱危険物質レベルの超超激辛です。
辛いもん好きには、やめられなくなるでしょう。

逆に、ちょっとでも辛いもんが苦手な方は、決して近寄らない方が良いでしょう。

失敗しました…汗;
いや、とっても辛くて美味しかったんですけどね。
剁辣椒、この1/3 or 1/4 の量でよかったかも。
本当に口から火を吹くくらい辛かったです。

でも、その分、レモンサワーがグビグビ進みました。

辛いものがお好きで、湖南料理にもし興味があれば、ぜひ錦糸町の『李湘潭湘菜館』、寄ってみる価値アリアリの名店でした。
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年06月17日

薄皮餃子専門店の格安絶品冷凍餃子をお持ち帰り

JR恵比寿駅をおりて中目黒方面へ坂を登る途中、ド派手な餃子の看板のお店に目が釘付けになりました。『薄皮餃子専門 渋谷餃子 恵比寿店』。普段は東京都内でも主に城東地区を出歩くことが多いので、「渋谷餃子」というチェーン店があることも知りませんでした。

しかも、焼く前の生餃子(冷凍餃子)を持って帰れる、ということなので、さっそく立ち寄り! 20個入り税込680円って、めちゃくちゃ安くないですか?(1個あたり34円!!!)

冷凍のまま持って帰って、家でフライパンで焼いて、ビールを飲みながらいただきました。「薄皮餃子」を名乗るくらい、確かに少し小ぶりな粒でしたが、家のフライパンで焼いても皮が破れることなく、パリッパリに焼き上がりました。

ニンニク入りを買ってきましたが、それほどクドい香りもせず、これなら翌日商談やデートでも安心して食べられそうですね。

お店で食べられる餃子のバリエーションには、水餃子、揚げ餃子、しそ餃子、パクチー餃子など、他店ではなかなかオーダー出来なさそうな変わり種がたくさん!今度はぜひお店で餃子定食を食べてみたいな。城東地区にも出店してくれるといいんだけれど。『薄皮餃子専門 渋谷餃子 恵比寿店』、これは家のご近所なら週一リピ確実の高コスパな名店でした。

続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年06月17日

24時間営業のホルモン無人直売所で、絶品の黒毛和牛ホルモン(辛味噌ダレ)をテイクアウト

ちょっと渋谷から恵比寿方面に出かける用事があって、恵比寿公園のそばを通ったら、何やらとっても不思議な、怪しいお店を発見。これは寄ってみなければいけませんね。

ホルモン料理冷凍食品の無人直売所「naizoo」。”内蔵直売所”というと、なんか人身売買じみたとっても危険な響きがしますが、実態は全くそんないかがわしいお店ではございません。

最近、郊外を中心に「冷凍餃子の無人直売所」が増えていますが、その「ホルモン料理」版。店員さんはおらず、大きな業務用冷凍庫がドーンと並んでいるだけ。中には、シマチュウ、ギアラなど新鮮ホルモンを急速冷凍したパックや、ミスジ・ハンバーグ、ハラミ・カレーなど、ホルモンを使った冷凍食品がずらりと並んでいます。

試しに、「黒毛和牛 辛味噌ダレ付きホルモン」を1パック買って帰りました。
無人ですが、セルフレジが置かれていて、お客さんは自分で決済します。現金支払は不可(ここが無人冷凍餃子直売所と違うところ)で、クレジットカード、交通系ICカード、QRコード支払などを使います。びっくりなのは、生ビールと樽生ハイボールのサーバーも置いてあって、希望するお客さんは、テイクアウトカップに自分でサーバーから注いで持ち帰ります。
(ちなみに、店内飲食は不可です。食べるスペースもありませんし、食品はすべて冷凍されていますから、酒肴なしですし。)

買って帰った黒毛和牛ホルモンは、早速キャベツと一緒にフライパンで焼きました。漬けダレがいい味を出しているので、キャベツにも味がうつって、辛味噌なのに全体としてアッサリ味に仕上がりました。これならお酒を飲まない人でも美味しく食べられそう。

ちょっと不思議な冷凍ホルモン無人直売所「naizoo」、時間を気にせず寄ることができますので、今度また渋谷方面に出かけた時には行ってみようと思います。
続きを読む

4
ととろん堂
投稿日 2021年06月07日

無人販売所スタイルでオープンした、餃子居酒屋さんの大ぶり冷凍餃子直売所へ立ち寄り

最近、雪松餃子の冷凍餃子無人直売所がいたるところにできていますが、それにそっくりなお店を発見しました。(商品は冷凍餃子ですが)『餃子のチカラ生餃子直売所』。もともと、東京都葛飾区で人気の餃子居酒屋さん「餃子のチカラ」 https://eatwant.jp/reviews/3711/index.html (イートイン可) というお店が、長いこと奥戸街道沿いで営業していたのですが、その姉妹店にあたる新店です。

こりゃ、ぜひニラ餃子を買いに行かにゃならんわい、と思い、早速駆け付け(?)ました。

無人直売所の営業時間は、10:00-20:00ということで、残業後家呑み族には間に合わない閉店時間なのがちょっと残念ですが、明るいうちに寄りましたよ。

店内は無人で、大きな業務用冷凍庫があるのみ。商品・価格も「冷凍餃子」1000円ワンプライスで、お会計はお賽銭箱に現金を投げ込むスタイルなのも雪松そっくり。ただ、餃子の種類を2種(「東京餃子」と名付けられたノーマル餃子と「ニラ餃子」)の中からチョイスできるのが嬉しいですね。お酒のおつまみを考えていたので、迷わず「ニラ餃子」を手に取りました。

家に帰って、焼きました! 食べました!

以前、居酒屋の方で目の前で手包みしてくれた生餃子を持ち帰った時と同じ味わい。厚手の皮は、多少強火で焼いてもやぶれることがなく、焼き上がりを食べるとジワ〜と口の中に肉汁が広がります。ニラの風味もまたアルコールを誘います。

こりゃたまらん。『餃子のチカラ生餃子直売所』の冷凍ニラ餃子、いま流行りの「非対面型販売方法」でいつでも気軽に寄れるので、時間が合う時には仕事帰りにちょくちょく寄らせてもらうこととします!
続きを読む

5
ととろん堂
投稿日 2021年06月05日

唐揚げ、冷えてます(冷凍食品じゃないよ)。福岡名物の努努鳥(ゆめゆめどり)をテイクアウト

有楽町に用事があって、たまたまランチタイムに交通会館の中を歩いていたら、博多の店『ザ・博多』(なんとも直球すぎるお店の名前ですね。もうちょっとヒネらないのかな?)の前で、不思議なポスターを発見。「唐揚げ冷えてます」ん? 思わずスルーしそうになったけれど、唐揚げって、アツアツをハフハフしながら食べるものじゃなかったっけ?

「冷やして食べる唐揚げ 努努鶏 手羽中 1,080円(税込)」思わず、商品名がなんと読むのかもわからないまま、即買いです。「すみません、このドドドリ1箱テイクアウトしたいです。」「はい、『ゆめゆめどり』手羽中1箱ですね。」

努努鶏で「ゆめゆめどり」と読むのかぁ。世の中にはまだ勉強すべきことがたくさんあるなぁ。家に帰ってネットで調べたら、三国志「ゆめゆめ(努努)疑うことなかれ」からとって「けっして温めてはいけない」という思いを込めて、この商品名にしたそうな。なるほど。

持って帰って、晩酌の5分前に冷凍庫から出して、自然解凍させながらパクパク食べます。
ただ、スーパーの冷凍唐揚げとは全く違います(作り方が真逆です)。

[普通の唐揚げ]
(1)下味をつける (2)揚げる(3)冷めたら冷凍庫に入れる(コチコチになる)
[努努鶏]
(1)下味をつけずに、高温で長時間揚げる(2)揚がった後から、独特の努努ダレをかける(3)急速冷凍してサクサクにする

ということのようです。
早速、冷凍庫から出したての努努鶏を試食。「冷たい」、けれど「まずくない」、というか、独特の努努ダレがクセになってビールが進む、進む...。こりゃやめられない止まらない。あっという間に、一人で一箱、缶ビール2本とともに平らげてしまいました。

有楽町『ザ・博多』の冷凍唐揚げ「努努鶏」。だまされたと思って一度手に取ってみてはいかがですか?何度でもだまされてみたいと思えるような、やみつきになる味ですよ♪
続きを読む

5

RANKING

レビュー投稿数 67
89/923
マイページ訪問者数 1640
43/923

REVIEW AREA

千葉県
東京都
  • 千葉県 2
  • 東京都 64

FAVORITE GENRE

31/141
31
1位
和食
25/141
25
2位
中華料理
18/141
18
3位
餃子

BADGE COLLECTION

10レビュー投稿達成
10レビュー投稿達成
初回WANT獲得
初回WANT獲得