チャンロイ 松屋浅草店詳細 | eatwant・テイクアウト あなたの近所で、テイクアウトをやってるお店が見つかります。

※口コミによる投稿のため、料理・店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。
料理・店舗情報に誤りを発見された場合には、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

このお店の料理のレビュー

海原雄子
投稿日 2021年07月13日

ガバオチャーハンのレビュー

魚介の味が決め手のチャーハン

浅草松屋デパートの地下食品街にあるタイ料理『チャンロイ』さんで、『ガバオチャーハン』を購入して帰りました。

『チャンロイ』さんおお惣菜やお弁当はどれも美味しいのですが、チャーハン類には他でもあまり手っを出したことがなかったので初挑戦です。

まず、レンジで少しだけ温めてみると、香ばしくって美味しそうなスパイスの香りがしてきます。フタを開けてみると、やはり電子レンジで温めた所為か水分が付着していました。もしかしてご飯も水っぽくなってしまったかな?と心配しましたが危惧で終わりホッとしました。

チャーハンの上に鶏肉そぼろが乗っていて、これに味が沁みて美味しかったです。全体的な味付けは香辛料とソースだと思うのですが、なんとなく魚介の味もしていました。これも原材料を確認すると、魚介調味料やフイッシュソースなど本当に魚介が"隠し味"として入れてありました。

前述したようお弁当チャーハンでありがちな、温めたらベチャっとなった食感はほとんどありません。最近の長雨と暑さに参った体には、とても元気のでる『ガバオチャーハン』だと思います。
続きを読む

5
海原雄子
投稿日 2021年02月25日

トムヤム風唐揚げ(ガイトートムヤム)のレビュー

辛い物好きな方も満足?

浅草・松屋のデパ地下にある『チャンロイ』さんは、タイ料理のお惣菜屋さんです。本格派なタイ料理ではありますが、日本人の舌に馴染むような味付けにもされているので、異文化グルメに舌鼓を打ちながらもどこか安心しながら食べることが出来ます。何より、どれを食べても全てが美味しい!

こちらでは数々の『チャンロイ』さんメニューをご紹介してきましたが、最後はから揚げで締めたいと思います。

今回ご紹介するのは「トムヤム風唐揚げ(ガイトートムヤム)」です。名前から何となく「トムヤムクンのスープみたいな味かな?」と思ったり、以前販売していたトムヤムクン味のカップラーメンを想像して購入。この後、ほんの少しだけ後悔してしまいました(笑)。

実は、あまり辛い物が得意ではない私にとって、この「トムヤム風唐揚げ」は耳と鼻に少々ツーンと来る辛さなのです。他所で食べたスープとかカップラーメンのまろやかな味付け、アレに騙されました!やはり『チャンロイ』さん、本格派な味付けです。

何より困ったのが、辛いのですがとても美味しいのです。取り合えず白米と野菜を大盛にして、「トムヤム風唐揚げ」をおかずにしながら、ようやく平らげるのに成功しました。

唐揚げは1パックに6個詰められ、スパイシーな香辛料の葉っぱ(?)が2枚入るなどかなり本格派な内容。本格タイ料理&辛い物好きな方には是非食べて頂きたいお惣菜です。
続きを読む

3
海原雄子
投稿日 2021年02月09日

茄子とタイバジルのピリ辛炒めのレビュー

ピリ辛の茄子はトロトロな食感!

松屋デパートのデパ地下にあるタイ料理のお惣菜店『チャンロイ』さん。こちら、どの商品もほぼハズレなしの美味しさですが、今回は「茄子とバジルのピリ辛炒め」をご紹介したいと思います。

仕事の帰りなどによく『チャンロイ』さんを利用するのですが、そろそろ3年近くにもなると定番や季節商品などをほど食べてしまったような気がします(※鬼リピ商品も多々ありますが)。

その中でも今回の「茄子とタイバジルのピリ辛炒め」はご飯のおかずとしてお薦めです。まず、”ピリ辛”と書かれていますが、舌も耳も痛くはならない安心のお味。なのに、香りはスパイシーで食欲をそそられること間違いなし!また、茄子がトロトロと口の中でとろける様な食感が堪りません。

お酒のおつまみにも合うと思いますし、私などは体調が悪い時に香辛料の香りで食欲が復活したので、元気が欲しい時などにもお薦めしたい一品です。

ただ、何時も思うのが、小さなパックでお値段がなかなかにお高い!……とは言って、もどれもこれもが凄く美味しいのです。
続きを読む

5
海原雄子
投稿日 2021年01月27日

タイ風エビと卵のカレー炒めのレビュー

まろやかな味のタイ+日本料理

浅草・松屋のデパ地下にある『チャンロイ』さんで、今回は「タイ風エビと卵のカレー炒め」を頂きました。

仕事の帰り道に、地下鉄から続く松屋さんのデパ地下にはちょくちょく通ってしまうのですが、『チャンロイ』さんのアノ癖のある味と美味しさに抗えずにいます。

今回購入した「タイ風エビと卵のカレー炒め」は、辛いはずのタイ風カレーが卵とエビが入った事で、まろやかかつどこかクリーミィーな味わいとなっていました。特にエビ。私はタイ文化に詳しくはないのですが、こちらがどう考えても日本で言うとこの”エビ天”です。また、半熟っぽい炒り卵(?)がカレーと絡められているため、どことなく”親子丼”を彷彿とさせましいた。
※「タイ風~」と書かれているので、こちらの商品は『チャンロイ』さんのオリジナルかもしれません。

とは言っても、『チャンロイ』さんのお惣菜はどれも美味しく、ご飯のおかずに最高です。とは言え、カレーとしては分量が少なめかな?とも思いました。
続きを読む

4
海原雄子
投稿日 2021年01月05日

青パパイヤチャンプルのレビュー

青パパイヤがおかずに?

浅草松屋デパートの地下にあるタイ料理のお惣菜店『チャンロイ』さんで、「青パパイヤチャンプル」を購入しました。

「チャンプル(炒め物)」と言えば沖縄料理ですが、それに使っているのがニガウリこと”ゴーヤ”です。ところが、タイ料理などを扱っている『チャンロイ』さんで沖縄料理の「チャンプル」を、さらにゴーヤではなく”青パパイヤ”を使っている事実に驚き、…と同時に”話のネタになる!”とも思いました(笑)。

さて、通常の完熟したパパイヤならば、私もケーキやフルーツの盛合せなどで食べたことがあります。さらに、パパイヤ=甘いの固定概念も手伝い、根拠もなくパイナップルを入れた中華の様な味を想像していました。

ところが、食べてみて「?」と思います。パパイヤが入っているはずがパパイヤに思えず、どちらかというと冬瓜などの瓜系の触感や味にしか思えません。また、果物特有のエグかったり喉に残るものもなく、”青パパイヤを使った”と前置きされなければ、瓜系だと勝手に勘違いをしてしまいそうな感じなのです。

味付けは沖縄で言うチャンプルと比べてかなり薄味ですが、ゴーヤの苦みやエグ味が全くないので、素材の味だけでもこのまま美味しく頂けました。
続きを読む

3
海原雄子
投稿日 2020年11月28日

パッキーマオ(タイ風辛口焼そば)のレビュー

私がタイ料理で「美味しい!」と思ったのが、デパ地下にある「チャンロイ」さんです。こちらはお惣菜やお弁当の種類も多く、日替り弁当は本当に様々な組み合わせのおかずがそれこそ“日替り”で楽しめます。

そんなチャンロイさんで一番のお気に入りが、以前もこちらで熱く語らせて頂いた「パッタイ(タイ風焼そば)」です。チャンロイさんで初めて「パッタイ」の存を知ったのですが、それ以降、他のスーパーなどで見掛けて買っても「美味しい」と思ったことがありません。私の中でタイのお惣菜はチャンロイさんで知り、パッタイはチャンロイさんのも商品が一番となってしまったからです。

とはいえ、タイ料理と言えば“辛い”を忘れてはダメなので、今回は敢えて“辛いパッタイ”こと「パッキーマオ」へ挑戦してみたいと思います。

「パキーマオ」は名前こそ違え「パッタイ」と同じ“タイ風焼そば”と書かれていたので、カレーで言う甘口と辛口の違いかな?と思い食べてみました。

まず、当たり前ですが「パッタイ」と比べ(私にとっては)かなり辛めな味付けです。ただ、「パッタイ」の様な麺にナッツ類が混ぜられておらず、大好きなあの触感を楽しむことはできませんでした。

辛さの緩和剤として食卓パンを用意しましたが、(私にとっては)無理なく食べるのには丁度良いかと思います。たまに鼻を抜けるような香辛料の香りや刺激に襲われるので、辛い物が大好きな方やエスニック料理に興味のある方などには“美味しいのは間違えが無い”のでお薦めです。
続きを読む

3
海原雄子
投稿日 2020年11月10日

ガバオとパッタイ弁当のレビュー

自分の食べた物をこちらで紹介するようになってからというもの、魅力を伝えたくって週2で「チャンロイ」さんのお世話になっています(笑)。

今回の遅いお昼は、大好きなパッタイと目玉焼きが乗った「ガバオとパッタイ弁当」です。好きなもの+好きなもの=物凄く美味しくなりそうな予感を胸に、仕事疲れの体を引きづりつつ帰宅しました。

さて、インスタントスープにお湯を入れて、「ガバオとパッタイ弁当」をレンジで温めます。

まずは、パッタイの方を頂く事に。以前「パッタイ(タイ風焼きそば)」でも熱く語らせて頂きましたが、私がパッタイと出会ったのはチャンロイさんが切っ掛けです。その余りにもの美味しさに、一時期は週2~3回の頻度で頂くほど。具合が悪い時に近所のスーパーで売っていたパッタイと食べた時、チャンロイさんがどれほど美味しいのかと思い知らされた程でした。

そんな安定な美味しさのパッタイを頂いた後、今度はガパオにスプーンを差し込みます。すると、口に入れた後に少しだけ「?」な感じに。パッタイの味があんなに豊かであったというのに、ガパオの方はご飯とそぼろに比率が合っていないような、そんな印象を受けたのです。もしかしたらコレ、パッタイをおかずにしながらガパオを食べる感じだったのかもしれません。つまりは、私がガパオとパッタイを食べる際に、2つの分配を間違えたのかもしれません。

それでも、チャンロイさんの商品はどれも隙なく美味しいのでおススメです!
続きを読む

3
海原雄子
投稿日 2020年10月29日

パッタイ(タイ風焼きそば)のレビュー

デパ地下にあるタイ料理の「チャンロイ」さんのお弁当は、どれを取っても本当に美味しくって美味しくって。ここ3年近く、自分としては珍しいほど鬼リピさせて頂いています。

そんなチャンロイさんでも、特に私のハートと舌をつかんだのが今回ご紹介させて頂く「パッタイ」です。

最初は主人のお土産で頂いたのですが、あまり外食をしない私は最初「パッタイ」がなんだか分かりませんでした。ただ、何となくパクチー的な味かと思うだけで、正直香草が入っていないことを祈るばかりだったのです。

ところが、食べてみて本当に「美味しい!」としか言えずに驚きました。同じものを食べていた主人は普通に美味しい美味しいと言ってたのみで、一方私は「これって何?」「麺についてるのってピーナッツ?」と、未知な食べ物の美味しさに興奮が絶好調となっていたのです。

そこから度々チャンロイさんの「パッタイ」を食べているにも関わらず、こちらで紹介し忘れていた事に今更ながら気付きました。

さて、こちらの「パッタイ」は前述でも触れた通り麺に炒って砕いたピーナツがまぶされていますが、これが触感を変えたり風味を良くしてくれとても美味しい!以前、とあるチェーン店スーパーのお惣菜コーナーで「パッタイ」を見付け購入したのですが、味が薄すぎて全然違う。何より、炒ったピーナツが美味しくなかったのです。

チャンロイさんの麺は柔らかなのに伸びた感じがなく、そのもの自体に味があるように感じました。また、“タイ風焼きそば”と言っても、なんとなく日本の出汁を彷彿とさせる味付けだったり、具材も小松菜や卵焼きを細い短冊切にしたものなど、こちらもやっぱり私たちに馴染みある気がしました。

確かに「チャンロイ」さんは(私にとっては)少々高めなお店ですが、半額程度のスーパーで売ってたお惣菜パッタイとは比べられない程の美味しさ!今まで何回買ったのかも忘れてしまう位です。

「チャンロイ」さんのお惣菜やお弁当は日本人の舌に合わせながら、キチンとタイ料理しているのが素晴らしいと思います。
続きを読む

5
海原雄子
投稿日 2020年10月13日

ベトナム風揚げ春巻きのレビュー

私の大好きな「チャンロイ」さんで、主人が会社帰りに「ベトナム風揚げ春巻き」を買って来てくれました。

正直、大きめとは言え、春巻き2本で600円近いお値段は結構高いな?……とも思いましたが、本格ベトナム料理店で注文するとこの位はするだろうし、最近めっきり外食に出掛けられないことも相まって、取り合えずありがたく頂く事に。

チャンロイさんの春巻きは、以前お弁当のおかずとして入っているのを頂いた事があるので、お味については安心と信頼を持っています。

この春巻き、2本ごと私が頂いたので早速オーブンに。温めている間も香辛料と言うか、辛そうな臭いが台所に漂ってきます。ところで、強火で5分ほど炙りましたが、春巻きの中身がギッシリとしている所為か外側はパリッとしません。改めて気付いたのですが、こちらの春巻きの皮(原料を読むと“ライスペーパー=米粉”とあるので、当たり前ですが日本の春巻きの皮である“小麦”とは違うようです)は結構モチっとした弾力があるような気がします。

さて、春巻きのお味ですが、前述した臭い同様(私には)凄く辛かったです。ちなみに、その辛さも何処か異国の雰囲気があり、食べ終わった後は嫌な感じがしませんし、辛い物を食べると毎度痛くなる私の耳も平気なのが嬉しいです。

重量のある春巻きの中には春雨がギッシリと詰まっており、ラー油のような赤い油と共に2本食べるとお腹にズッシリとくるボリュームです。

ビールなどお酒を飲み方には最適なおつまみになるかとも思います。
続きを読む

4
海原雄子
投稿日 2020年08月31日

チャンロイ弁当(日替り~茄子と青菜~)のレビュー

最近お肉が多めだったので、お昼は大好きな「チャンロイ」さんで野菜が多めの日替わり弁当を買いました。

チャンロイさんでは茄子やタケノコがおかずとしてちょこちょこ添えられていますが、今回の「チャンロイ弁当(日替り)」には結構な量の青菜が。これが辛いのか苦いのかちょっと気になるところです。

先ずその青菜ですが、少しだけ苦みがあるものの、美味しくってコクのある味付けでした。タイか何かの青菜かな?と構えてしまいましたが、多分小松菜か何かだと思います。そして、こちらの茄子は本当、何時も美味しい!油で炒めて甘く、柔らかくなった茄子は橋の進みが早くなるのは間違いなし。そしてタケノコと野菜を炒めたものは、最初は少しだけ辛く感じますが、後から辛さがジワジワと押し寄せてきます。

野菜や炒り卵と炒められたビーフン(?)ですが、これは(私には)ちょっとたんぱくな感じがして、おかずというよりはご飯と同じ主食に思いえました。そしてご飯!上に乗せられた鶏肉のそぼろがとても美味しい!

あと、どうやらチャンロイさんの日替り弁当は、その日に作ったお惣菜を、お店の方がその日の気分で詰めているようです。何故なら、前回と同じ曜日に行ったのに以前食べた日が割り弁当が置かれていませんでしたし、3つの料理に“パプリカ”が使われていましたから(笑)。

こちらのお弁当、最初こそ1パックで756円はお高めかな?とも思いましたが、何種類ものタイ料理がお弁当として一気に楽しめるのですから、今ではかなり“お得”だなと思っています。
続きを読む

3
海原雄子
投稿日 2020年08月13日

トムヤム春雨弁当のレビュー

夏の暑さを吹き飛ばすメニュー

仕事帰りに用があり、松屋デパートの地地にある『チャンロイ』さんに寄りました。やはり夏は辛い物、ピリリとした味が恋しくなってしまうらしく、「トムヤム春雨弁当」を購入。

野菜と炒めた春雨以外に、少し歯応えのある春雨がギッシリ詰まった春巻きが添えられていたので、これは正に「春雨弁当」だなと思いました。春雨と野菜の炒め物は最初はしょっぱく感じたのですが、少しづつ口の中がピリピリに。食べ進めていくと、ちょっと変わった食感の食材に気付きましたが、どうやらコレ、細切りにした油揚げのようです。

ご飯の横に添えられた茄子が甘くって美味しかったです。ひき肉があるものの、全体的に野菜が多いお弁当なので、辛くてヘルシーな印象を受けました。お弁当のふたに表記された原材料を読むと、タックライ、レモングラス、ホーリーバジ(ホーリーバジル)など、多種多様の香辛料が使われているので、味に本格的な深みがあるのも納得です。

とは言え、前述した油揚げや国産のご飯を使用するなど、私たち日本人にも親しみやすいつくりとなっています。、
続きを読む

4
海原雄子
投稿日 2020年08月04日

ガパオとグリーンカレー弁当のレビュー

元気が出る辛さ!

暑い夏の日には、やはりカレー!と思い付き、浅草松屋にある大好きな『チャンロイ』さんで「グリーンカレー」に挑戦してみました。

緑色というよりは、乳白色に近い色のカレーです。具材の野菜はゴロンとした大きさで、鶏肉も大きめ。ニンジンは少しだけ苦手な私でしたが、噛んでみると甘くて美味しく感じました。カレーの中に歯応えのある食材が入っていて、それが何かしばらく考えていたのですが、フタに書かれて原材料で納得!竹の子の水煮でした。

鶏肉も旨味があり、これだけで十分おかずになれそうです。肝心のグリーンカレーはそれなりに辛いものの、食べた後に口の中がまろやかに感じます。二口、三口と食べるうちに、それがココナッツミルクであると気付きました。

ご飯のガパオには目玉焼きは乗っていませんでしたが、その代り、桜エビの風味が香ばしいパッタイ(麺)が添えられています。

本格的なタイ料理と思いますが、私たち日本人にも食べやすくなっているように感じました。
続きを読む

4
海原雄子
投稿日 2020年08月03日

チャンロイ弁当(日替り)のレビュー

本格エスニックの日替り弁当

暑い夏の日曜日。辛い物が食べたくなる、デパ地下のエスニックなお店『チャンロイ』さんで「チャンロイ弁当(日替り)」を買って帰りました。

こちらはタイ料理ではありますが、白いご飯は国産米だとフタに記載。白米の上に乗っている、ちょっとピリ辛な鶏そぼろのような物が食欲を促します。

おかずは、ご飯の左横にあるのが春雨と野菜の炒め物(辛い)。他は、上段右からタケノコと鶏肉などを炒めたもの(結構辛いのでご飯の配分に注意が要りました)、真ん中が煎り卵と野菜をカレー味にしたもの(辛くなく一番のお気に入り)、左が茄子と味噌っぽいものを和えたもの(辛くない)……のようです。

ご飯の量は余り多くはないのですが、おかずの量があるので女性なら結構お腹が一杯になるかと思います。また、一つのお弁当で色々なエスニック料理を堪能できるお弁当なので、食べた後はかなり満足しました。
続きを読む

4