らぽっぽ エキュート上野店 甘熟ほしいもの濃蜜バスクチーズケーキのレビュー | eatwant・テイクアウト あなたの近所で、テイクアウトをやってるお店が見つかります。

mikamika222さんのレビュー

mikamika222
投稿日 2021年02月12日

4

お芋のお菓子でおなじみの「らぽっぽ」で、「甘熟ほしいもの濃蜜バスクチーズケーキ」を見かけました。
今なおブームが途切れないバスクチーズケーキ、特別好きだと言うわけではないのですが、「らぽっぽ」は好きなお店なのでこれは買ってみようかなとテイクアウトしました。

「らぽっぽ」でよく買うのは、焼き芋や大学芋などシンプルなメニューが多く、ケーキ類はほぼ買ったことがないのですが、お芋との相性は良いに決まっているので期待は高まります。

「甘熟ほしいもの濃蜜バスクチーズケーキ」は、土台の上に完熟ほしいもをたっぷりと敷き詰め、その上に濃厚なクリームチーズ生地を重ねています。フォークを入れると、想像通り柔らかしっとり。お芋のペーストがクリームチーズに絡まって、一緒に味わうと濃密なチーズとお芋でお口がねっとり。チーズ&お芋好きにはたまらない贅沢な味わいです。完熟ほしいもを使っているのも、濃密な理由のひとつかもしれません。

共に濃厚でねっとり食感のクリームチーズとお芋、やっぱり合いますね!チーズとお芋が好きという方にはぜひ試して欲しいケーキです。

1人が押しています
0人が押しています
このレビューへのコメント
コメントを書く
住所 東京都 台東区上野7丁目1−1 ecute上野 JR 上野駅
地図
特徴
電話番号 03-5826-5672
最寄駅
ホームページ https://www.ecute.jp/ueno/shop/791
営業時間 月~土/8:00~22:00(金~22:30 日祝~21:00)
おすすめコメント
※口コミによる投稿のため、料理・店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。
料理・店舗情報に誤りを発見された場合には、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

mikamika222さんのその他の料理のレビュー

mikamika222
投稿日 2021年07月29日

北海道の新鮮野菜たっぷりなヘルシー弁当

「大地ノ青果店」は、丸ビルの地下に集結するお弁当屋さんのうちの一店舗。北海道の八百屋が作った野菜中心のお弁当とパン総菜のお店で、カフェスペースもあります。

会社帰りに立ち寄ると、だいたいほぼお弁当類は完売。この日はたまたま「プレミアム弁当」が残っていました。品数も多く、彩りもきれいなお弁当です。中身は、ズッキーニの豚肉巻き、ローストビーフのサラダ、メンチカツ、かぶの漬物、揚げた魚と野菜のマリネなど盛りだくさん。

メインのズッキーニの肉巻きは、さすがは北海道、ズッキーニが非常に立派で身がしまっており、大変美味しかったです。大きさもありボリューム抜群。色んな種類が少しずつ入っており、野菜も豊富なのでヘルシーで満足度が高いです。新鮮な野菜料理が食べたい時にはぜひおすすめします。お弁当の他に、とうもろこし、ズッキーニなど、見るからに新鮮で立派な野菜も店頭に並んでいるので、今度買ってみようと思います。
続きを読む

4
mikamika222
投稿日 2021年07月14日

東京駅の駅丼グランプリで入賞のフカヒレ弁当

「フカヒレ」。その特別な存在感に、名前を聞くとつい背筋が伸びる気さえします(笑)高級中華屋さんや高級デパ地下などでお目にかかるイメージですが、意外なことに東京駅のエキュートにもフカヒレのお弁当が鎮座していました。「えさきのおべんとう」で販売中の「気仙沼のフカヒレふわふわ卵ご飯」です。

「えさきのおべんとう」は初めて聞いたのですが、7年連続ミシュラン三ツ星シェフ、江﨑新太郎シェフのお弁当とお惣菜のお店だそうです。ただのフカヒレ丼ではなく、卵と一緒に餡で閉じられているようです。全く食べたことがない組み合わせなので興味津々。しかも、東京駅の駅丼グランプリで入賞したそうで期待は高まります。

見た目は意外とフカヒレが少ないかな、と言う感じもします。濃さが絶妙な塩梅の餡に卵とフカヒレが絡んでとても美味しいです、あっと言う間に完食です。私は大食いではありませんが、それでもちょっと量が足りないかなと感じてしまいました。それだけ美味しかったということでもありますが。普通のお弁当としては価格が高いですが、この値段でフカヒレが食べられるなら、とも思います。でもやっぱりちょっと量が足りないかなぁ。
続きを読む

3
mikamika222
投稿日 2021年06月18日

口当たりにびっくりする極上ふわふわ仕上げの釜揚げしらす弁当

高級だけど確かに美味しい海苔弁屋さんとして名を馳せている「刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り」。何度かリピートしていますが、定番メニューに加えて、定期的に限定のお弁当が出るので、その都度気になります。
今回目に止まったのは、しらすを使った旬のお弁当「新物釜揚げしらす青刻みの海苔弁」です。「新物」「釜揚げしらす」というキーワードに弱いので、即買いです(生シラスも大好きです)。

浜名湖の舞阪漁港で、水揚げ直後に釜揚げし、ふわふわに仕上げた極上の「舞阪シラス」を使用。限定ものだそうです。見た目からしても、ふわふわなのがわかります。

実際に食べてみても、なかなかこんなふわふわなしらすには出会ったことがありません。スーパーで買うしらすとは全くの別物です。新鮮なのと、水揚げ直後に釜揚げしているからなのでしょうか。こんなふわふわなしらすなら、どんぶりにいっぱい食べきれるかもと思うほど口当たりが良くて美味しいです。塩気も絶妙で、自慢の海苔との相性もバツグン。ヘルシーなのでガッツリ食べたい人には物足りないかもしれませんが、新鮮な旬のしらすを楽しみたい人にぜひおすすめしたいです。
続きを読む

5
mikamika222
投稿日 2021年06月14日

みんな大好きふわふわ玉子焼きのお弁当 甘いのもしょっぱいのも!

「エキュート日暮里」に入っている鶏と玉子のお店です。「鶏と玉子 太郎」ってなんだか可愛らしい名前ですよね。厳選した国産鶏を使って、一つ一つ丁寧に焼き上げた焼き鳥や、創業当時より変わらない人気の玉子焼きなど、お惣菜やお弁当を売っています。

まず目に止まるのは、黄色くてふわふわな大きな玉子焼きです。玉子焼き好きであれば、おっ!と目を止めてしまうビジュアルです。味は何種類かあるようですが、「甘」「出し巻き」「シラス」と贅沢にも3種類の玉子焼きが入っているベーシックな「玉子焼き弁当」を選びました。
「甘い派orしょっぱい派」で古来より議論を巻き起こしている玉子焼き論争ですが、個人的には両方とも好きなんですよね。私のような欲張りさんには嬉しい内容です。

大きくてふんわりした玉子焼き、それぞれどれも上品な味付けで満足です。「甘」は極端に甘いわけではなく優しい甘さ。「出し巻き」もお出汁がほどよく、シラスは塩っけが効いていて、3種3様楽しめました。

あさりご飯と、付け合わせのヒジキやお豆も口直しにちょうどよく、玉子焼きをメインにめいっぱい楽しみたい人におススメです。
続きを読む

4
mikamika222
投稿日 2021年06月02日

行列の人気店、マグロやいくらがたっぷり!ネーミングに偽りなしのぜいたく丼

仕事帰りに「東京ミッドタウン」の地下、美味しいものが集うエリアに立ち寄ることがあるのですが、常にテイクアウト待ちのお客さんがいるのが「日本橋海鮮丼 つじ半」です。調べてみると、つけ麺「つじ田」と「日本橋 天丼 金子半之助」と言う、行列必須の人気店同士のコラボレーションなんですね。通りで常時混雑しているはずだと合点がいきました。

私が通る時はいつも混んでいるので、気になりつつも時間がないことが多く「いつか買ってみたい」と思いながら横目で見ていましたが、そんな「いつか」がやってきました。その日は先客が2組ほどいただけで、待ち時間もあまりなさそうです。

メニューは、インスタ映え間違いなしの豪華な海鮮丼、その他にギンダラの煮つけや西京焼きのお弁当もあるようですが、ここは気になっていた海鮮丼「ぜいたく丼」一択で。松竹梅があり、いくら増しも可能です。まずは手頃に「ぜいたく丼(梅)いくら増し」をオーダーしました。価格の内訳は、梅(1100円)、いくら増し(300円)です。

イートインもできますが、店内にお客さんが少なかったこともあり、すぐに用意してもらえました。持ち帰って開けるまで知らなかったのですが、ミニサイズの容器に鯛だし汁まで付属していました(蓋の締め方が甘かったのか、平行に持って帰らなかったせいなのか、少し漏れていたので、持ち運びにはご注意を)。お好みで締めにお茶漬けとして食べても良いようです。

ご飯と具材も別々になっているので、まずは胡麻がたっぷりかかった白米の上に、海鮮を山盛りに乗せ、付属の黄身醤油にわざびを溶いて余すことなくかけます。そして口いっぱいに頬張る!美味しくないわけがありません。いくらはとりたてて大粒というわけではありませんが、まぐろのぶつ切、つぶ貝、数の子などの贅沢な具材と混ざり合い、味わい・歯ごたえが絶妙な塩梅です。海鮮のみならず、きゅうりや胡麻も良い仕事しているんですよね。

お茶漬けにする前に、ほぼ食べてしまいました(ひつまぶし等もそうですが、お茶漬けがあまり好みではなく、丼で食べたい派のため)。ちょっとだけお茶漬けにしてみましたが、やはり好みの問題なので、私はそのままの丼が好きです。

次回はもう少しグレードの高い「竹」にしてみようかと思いますし、ギンダラのお弁当も気になるところです。
続きを読む

5
ぜいたく丼(梅)いくら増し